通販で買える予防薬・ネクスガードの使い方

ネクスガードの購入はこちら
ペットのイメージ ネクスガードは元々ノミ・マダニの駆除に使われていた犬用の薬です。

ノミ・マダニは外で犬の体にくっついてくるイメージが強いかもしれませんが、家の中にも生息しやすい寄生虫です。

普段の環境から完全にノミ・マダニを排除するのはなかなか難しいので、ネクスガードなどの薬を使って定期的に駆除を行う必要があります。

ネクスガードは犬に食べさせやすく、寄生虫駆除に効果的な力を持っているので、多くの愛犬家がこの薬を選択して駆除に活用しました。

そして、そんなネクスガードが新しくパワーアップしたのがネクスガードスペクトラです。

ネクスガードスペクトラはノミ・マダニの他にも犬鉤虫などおなかの寄生虫の駆除、フィラリア症の予防にも効果的です。

たった一種類の薬でこれだけの寄生虫からガードしてくれるネクスガードスペクトラ。

その効果を存分に引き出せるよう、正しい使い方に目を通しておきましょう。

通販で買えるネクスガードを正しく使って、愛犬の体を守ろう

通販を見ている人 ネクスガードスペクトラは、1錠分を1ヶ月に1回飲ませるだけでいろんな寄生虫を駆除したり、フィラリア症の予防効果を引き出します。

さらに、ネクスガードスペクトラは通販からも買えるようになっているので、忙しい飼い主さんや病院嫌いのペットでも手間や負担を最小限にして手に入れることができます。

しかし、ネクスガードスペクトラがいくら有力な薬でも正しいペースで使い続けないと効果が半減します。

必ず月に一回、本格的に蚊が増え始める季節の前から、正しい使い方で愛犬に飲ませてあげましょう。

ネクスガードの正しい飲ませ方

通販を見ている人ネクスガードの大きな特徴として、飲ませやすさがあります。

薬を飲むのが苦手な犬は少なくありません。たとえ砕いてエサに混ぜても、薬の部分だけ器用に残すという子もいます。

ネクスガードは犬に食べさせやすい味が付けられており、さらに柔らかいチュアブルタイプなので薬らしさがあまりありません。

処方を受けた9割以上の愛犬が喜んでネクスガードを食べた、というデータも残っています。

ネクスガードは犬にとってのストレスが少なく、さらに飼い主さんにとっても与えやすいという点からも人気が高いのです。

飲ませ方

1ヶ月に1錠、少量の餌の後に与えてください。

丸呑みはさせず、錠剤を噛み砕かせて与えてください。

与えるペースは必ず1ヶ月おきで、毎月同じ日にちに食べさせるようにしましょう。

ネクスガードの適切な量

ネクスガードスペクトラには5種類の錠剤サイズがあり、犬の体重によって選んで使います。

ちなみに1kgあたりアフォキソラネル2.5mg、ミルベマイシンオキシム0.5mgが基準とされています。

体重が60kg以上ある場合は、他の体重の犬の錠剤を組み合わせて適量にしてから飲ませませてください。

・超小型犬用(体重2~3.5kg)

・小型犬用(3.5~7.5kg)

・中型犬用(7.5~15kg)

・大型犬用(15~30kg)

・超大型犬(30~60kg)

ネクスガードを飲めない対象

ネクスガードはすべてのペットに使用できるわけではありません。

ネクスガードによる大きな副作用は報告されていませんが、体質が合わなかったりすると異変が現れる可能性は考えられます。

次の条件に該当する場合は、ネクスガードスペクトラを飲ませないようにしてください。

生後8週齢未満の子犬、体重が1.8kg未満の犬

犬以外の動物

妊娠中または授乳中の母犬

フィラリア症に感染している

大豆アレルギー

食物アレルギー治療中

アトピー性皮膚炎の治療中

有効成分(アフォキソラネル、ミルベマイシンオキシム)にアレルギー反応を起こす

ネクスガードを飲ませるときの注意点

通販を見ている人ネクスガードスペクトラを飲ませるにあたって、注意することがあります。

ネクスガードの効果を半減させたり、体に異変が起きる可能性もあるので、実際にネクスガードを使う前に心に留めておいてください。

チュアブル錠は噛み砕いて飲ませること

ネクスガードスペクトラのチュアブル錠は、必ず噛み砕いて飲ませます。

丸呑みしてしまうと成分が体内で吸収されにくく、効果が半減する可能性があるからです。

チュアブル錠の薬は砕いて飲む前提で作られているので、他の飲ませ方をすると効果が上手く現れにくいのです。

丸呑みの癖がついている犬に飲ませる時は、あらかじめ飼い主さんの手でチュアブル錠を砕いてから餌に混ぜて与えるようにしてください。

すでにフィラリア症に感染していないか確認しておくこと

すでに体内にフィラリアが寄生している犬へネクスガードスペクトラを使うと、フィラリアの死骸が体内で急増してショック症状を起こす恐れがあります。

ショック症状はリスクが高いため、フィラリア症に感染中の犬には使用できないことになっています。ネクスガードは、あくまでフィラリア症の予防として使う薬です。

初めてネクスガードを飲ませる前には、フィラリア症にかかっていないかどうかを必ず動物病院で確認してください。

ネクスガードの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました